*

カーボローディングでフルマラソンを走りきろう2

      2014/09/28

a0002_011971_m

a0002_011971_m

前回、カーボローディングについてご説明しましたが、

いくつか注意点があります。

生もの、揚げ物は避ける(消化が悪い)

まー当たり前ですね。

当日の食事はレーススタート3時間前まで(消化のタイミングを見計らう)

こちらもよく言われておりますね。さすがにレーススタート1時間前に

食事をする方はいないでしょう。
※パンなど調整の為に食べる方はおりますが。

運動時間が1時間を超える場合にカーボローディングは効果を発揮する

なるほど。たしかにそうかもしれません。

なので10キロマラソンやハーフマラソンではそこまでしなくても・・といった感じですね。

では実際にフルマラソンで消費するエネルギーってどれくらいでしょうか。

だいたい、自分の体重×42.195がフルマラソンで消費するエネルギーみたいですね。

私の場合、

69(キログラム) × 42.195(キロメートル) = 約2900(キロカロリー)

となります。

カーボローディングで蓄積されるグリコーゲンは運動をする上では欠かすことのできないエネルギー源となり、

筋肉や肝臓に蓄えられています。その量はエネルギーにして約1600キロカロリーとなります。

おや?2900キロカロリーを消費してフルマラソンを走る私と、

蓄積されているグリコーゲンが1600キロカロリー。

1300キロカロリーが足りません。

これがよくある30キロの壁の正体になります。

なるほど。

で、カーボローディングを行うことによって、

この筋肉中のグリコーゲン量は標準の2~3倍に、

肝臓のグリコーゲンは約2倍に増加するとされています。

なるほどーー。

大事な方法ってわけですね。

 - 知識 ,